TEL LINE

鍼灸 | 姫路市のあがほ鍼灸整骨院はJR英賀保駅から徒歩10分 五十肩や腰痛、交通事故治療で評判です。

お問い合わせはこちら
LINE

鍼灸

こんな不快な症状にお悩みならあがほ鍼灸整骨院まで

姫路市のあがほ鍼灸整骨院では、不快な痛みや不調はもちろん女性特有のお悩みや体質改善にも鍼灸を用います。

ツボを刺激することで自然治癒力が活発になり、薬を使わずにも改善していくと期待できます。

慢性的な腰痛や肩こりも、当院の鍼灸に通っているうちに楽になったお客さんは多いです。

どうして鍼灸は痛みや不調に効果が期待できるの?

鍼灸は薬でも手術法でもありません。それにも関わらず痛みが引いてくる、症状や体質が改善するといった効果が期待されるのは、どうしてなのでしょうか。

その秘密は鍼灸による「刺激」にあります。鍼灸の刺激が自律神経や内分泌系、免疫系に働きかけ、その結果として緊張を和らげ、痛みや不調を治癒に導いていくのです。

薬のような即効性はないにしても、病気を自然に回復させる効果が期待されます。
本来あなたが持っている自然治癒力を引き出してくれます。体に負担がなく、薬のように副作用の心配がないのも魅力です。

鍼灸の歴史は意外と古い

鍼灸は最近日本でも広まってきましたが、その歴史を紐解くと意外に古いでしょう。
紀元前中国ではすでに鍼灸の技術が用いられていました。約2000年以上もの歴史を誇ると伝えられています。

日本では奈良時代の頃に鍼灸が伝わり、江戸時代には庶民の間でも認知されていました。
日本の鍼灸は、鍼灸の発祥地である中国と全く同じというわけではありません。
日本で使う鍼の方が細いです。太い方が効果が期待されるのでは?という気もしますが、当然痛みや刺激はそれだけ強くなるでしょう。
日本人は痛みに敏感なこともあり、太い鍼を使う整骨院も少ないです。

鍼灸というと熱くて痛いイメージが先行しがちですが、あがほ鍼灸整骨院でも細い鍼を使用し、刺激の少ない施術をしています。痛みに弱いお客さんもリラックスして受けやすいでしょう。

鍼灸は毎日通うべき?

お客さんの症状や程度によっても、おすすめの通院頻度は変わってきます。
痛みが強くて症状がひどい時は、毎日鍼灸に通っていただくのがやはり一番です。

しかし症状が落ち着いてきたら頻繁に通う必要はなく、3日おきでもいいでしょう。
通院頻度のご案内も、あがほ鍼灸整骨院が一人ひとりに合わせておこないます。